弁護士と司法書士

弁護士と司法書士

債務整理をするとき相談できる士業といえば、弁護士か司法書士です。
弁護士事務所と司法書士事務所とは何が違うのでしょう?

 

弁護士は司法試験に合格しており、司法書士は司法書士試験に合格しています。
弁護士の業務内容は法律事務全般にわたり、事務所の名前は・・・法律事務所と掲げることが出来ます。
一方、司法書士の業務内容は限定されており、弁護士ほど広範囲での業務は行うことができません。事務所の名前も・・・法務事務所となります。

 

債務整理に関しても弁護士には特に制限はありませんが、司法書士が扱える金額は目的の価額が140万円以下の案件のみとなります。しかも法務大臣の認定を受けなければなりません。

 

これだけ見ると、なぜ司法書士に債務整理の依頼をするのか意味がわからないと思います。
しかし、司法書士は弁護士に比べて依頼費が安いという面があります。140万円以下の債務整理であれば、依頼費の安い司法書士をあえて選ぶ方もたくさんいるのです。