借金問題 自己破産

自己破産すると困ること

自己破産

 

借金が帳消しになる自己破産。
新しい人生が始まるほどの衝撃がある自己破産ですが、人権がなくなるだとか郵便物を勝手にみられるなど都市伝説のような噂がありますね。
実際はどうなのでしょうか?

 

自己破産のデメリットとはなんでしょう?

 

・自己破産を申請して決定するまで、弁護士や司法書士、警備員など就けない職業がある。
・信用情報にキズがつく(ブラックリストに載る)ため、この先7〜10年は新たな借り入れができない。
・管財人が付いた場合、郵便物が管財人に転送される。
・官報に名前や住所が掲載される。
・家や20万円以上の価値のある車や時計、宝石などは差し押さえされる。
・99万円を超える現金や、20万円以上の預貯金も差し押さえられる。
・連帯保証人に迷惑がかかる。

 

このようなデメリットが考えられますが、それでも自己破産の威力は絶大です。
何千万円も借金を抱えて、この先の生活が見えないなら自己破産をしてやり直すもの1つの選択肢です。